HOME>>きれいになろう>>お風呂のお湯で節約

お風呂のお湯で節約

お風呂に入ると、浴室から出るときにお湯を抜いてしまい、そのまま掃除をして出てくる人、次の日も沸かし直して入る人、足りないお湯を足して入る人、様々な人がいると思います。いずれにしても、浴槽の中のお湯はかなりの量です。そのまま捨てるのは勿体ないとおもいませんか?中には、お湯が冷める前に湯たんぽに移してしまうという人や、食器のつけ置きに使うというツワモノまでいます。

洗濯に

お風呂の残り湯を洗濯に使うのは、昔から行われている節約方法ですね。洗濯機に浴槽からお湯を汲み上げるポンプが手頃な価格で販売されていますし、最近の洗濯機では、洗濯機本体に、汲み上げようのポンプがついているものもあります。水道代の節約のために、電気代を使って残り湯を汲み上げている方が不経済だという人もいて、洗濯機にポンプがついていても、使っていない人もいるようです。また、浴室と洗濯機を設置している場所がはなれているために、残り湯を再利用しないという人もいるようです。

一石二鳥で

浴室と洗濯機の設置場所がそれほどはなれていない場合、水道代も電気代も節約したいという場合、バケツで残り湯を汲み、洗濯機にあけて再利用しましょう。洗濯機の大きさとバケツの大きさにもよりますが、洗濯機をいっぱいにするまでには何往復もしなければいけませんので、かなりの運動量になります。普段運動不足を自覚しているのであれば、ぜひやってみましょう。一石二鳥だと思いませんか?注意しなければいけないのが、入浴剤を使っている場合です。数多くある入浴剤の中には、洗濯には使用できないものもありますので、入浴剤の説明書きを確認してから使うようにしましょう。

再利用のメリット

お風呂の残り湯を洗濯に再利用するメリットは、水道代がかからない、残り湯なので冷たい水ではなく、洗剤が溶けやすく汚れも落ちやすいと言えます。汚れた水で洗うようで気持ち悪いという人もいるようですが、すすぎは残り湯を使うわけではありませんので、汚いわけではありません。

掃除に

掃除をするときにもお風呂の残り湯を使ってみましょう。部屋の中の拭き掃除をするのに残り湯を使うのは抵抗があるという人もいるでしょう。できれば拭き掃除にも活用したいところですが、どうしても抵抗がある人は、靴を洗うために使ったり、入浴剤を入れていないのであれば、プランターや鉢植えの水やりの水として使ってもいいでしょう。 残り湯で浴室の掃除をするという人も比較的多いですが、これもまた、汚れた水で掃除をするのが嫌だという人もいて、三人三様のようですね。ベランダや玄関の掃除に使うのであれば、抵抗がないのではないでしょうか。

トイレに

お風呂の残り湯をトイレを流す水として使っている人もいます。バケツに残り湯を汲んで、トイレに運ばなければいけません。このとき、トイレマットやトイレカバーを汚してしまわないように注意が必要です。

トイレを使ってから残り湯を汲みに行くのではなく、トイレを使う前に用意しておくといいでしょう。バケツじゃちょっと……という日とは、2リットルのペットボトルに入れて流すのもいいかもしれません。トイレの中やトイレの入り口に、残り湯を入れたバケツがスタンバっているよりも、ペットボトルの方が邪魔にもなりませんね。

もちろん、トイレ掃除に使うのもいいでしょう。トイレの床や便器、便器内を洗ったときの流す水は、お風呂の残り湯をどんどん活用するといいでしょう。

トイレに使う場合の注意

トイレを流すために残り湯を使う場合、バケツなどに入れて流すのは問題ありませんが、タンクに入れて使う場合、温かいままだとタンクの中で雑菌が繁殖してしまいます。冷めてから入れるようにしましょう。てただ、手間を考えると、直接バケツで流す方が、面倒臭くなくていいのかもしれません。

ݥ󥵡ɥ

Yahoo!ショッピング商品一覧
Webサービス by Yahoo! JAPAN