HOME>>きれいになろう>>お風呂掃除

お風呂掃除

とっても面倒臭いお風呂掃除、だけども始めてしまうと何故かトコトンやってしまうお風呂掃除。ヌメリやカビのないきれいな浴室は、バスタイムを気持ちのいいものにしてくれます。リフレッシュするための浴室が汚いと、気分も台無しですね。しっかりとお掃除しましょう。

汚れの種類・原因

お風呂の残り湯を洗濯に使うのは、昔から行われている節約方法ですね。洗濯機に浴槽からお湯を汲み上げるポンプが手頃な価格で販売されていますし、最近の洗濯機では、洗濯機本体に、汲み上げようのポンプがついているものもあります。水道代の節約のために、電気代を使って残り湯を汲み上げている方が不経済だという人もいて、洗濯機にポンプがついていても、使っていない人もいるようです。また、浴室と洗濯機を設置している場所がはなれているために、残り湯を再利用しないという人もいるようです。

浴室内は掃除をしなければ、暖かいうえに湿度もあるので、あっという間に汚れてしまいます。お風呂掃除を簡単に済ませるためには、こまめな掃除が肝心です。

水垢・湯垢

浴槽や壁、床がザラザラしたりヌルヌルする水垢や湯垢の汚れ、放っておくと中々落ちなくなります。これは、水道水に含まれているケイ酸が徐々に堆積したもので、汚れてすぐの場合は落ちやすいのですが、こびりついている場合は、お風呂用の中性洗剤でこすり落とします。浴槽の水面位置についている汚れは、洗剤をつけて時間を置いてこすります。

金属石けん

固くて白っぽいザラザラした汚れは、水道水に含まれるカルシウムなどの金属成分が、石けん分や体の脂肪分と反応してできる汚れです。ついてすぐの場合は、お風呂用の中性洗剤で落とせますが、頑固な汚れになってしまうと浴室用のクリームクレンザーを使います。クレンザーが使えない浴槽もあるので注意しましょう。

銅石けん

浴槽の水面近くや追い焚き口の周囲に筋状につく汚れで、石けんや垢に含まれている脂肪酸と、給湯器の中や配管に使われている銅管から溶け出した銅イオンと反応してできます。石けんや垢が残らないように掃除をしていれば防げますが、こびりついてしまった場合は、お風呂用のクレンザーでこすり落とします。

カビ

浴室内はカビが発生しやすい環境です。カビを防ぐには、石けんカスなどをきれいに落とし、換気を十分にしてできるだけ湿気を払うようにします。発生したてのカビの場合、お風呂用の中性洗剤で簡単に落ちますが、ガッチリと根を張って落ちにくいカビの場合は、カビ取り剤を使います。使い方は注意が必要ですので、必ず使用方法を見てください。

サビ

濡れたままのヘアピンや剃刀をそのまま浴室に置いておくと、ユニットバスの浴室だと、しっかりとサビがついてしまいます。浴室用のクレンザーで傷をつけないようにこするか、それでも落ちない場合は、ハブラシを使って落としましょう。

洗剤以外できれいに

重曹と酢は、洗剤代わりに万能に使うことができます。水で練ってペースト状にしたり、水で薄めて使ったり、そのままスポンジに振りかけて使います。クエン酸なども汚れ落としに役立ちます。

排水口

お風呂に限らず、排水溝は汚れて汚いイメージがありますね。だからこそ綺麗にしなくてはいけません。ドロドロになって悪臭がしてからでは掃除も辛くなってしまいます。こまめに髪の毛やゴミを取り除き、使わないハブラシでこすり洗いをし、定期的に排水口用の洗剤を使います。この洗剤の代わりに、重曹と酢を使います。掃除したあとの排水口に重曹を振りかけ、その上から酢をかけると発泡して汚れを浮かせて落とします。

金属

水道の蛇口やシャワーの金属部分が汚れでくすんでしまった場合、重曹を少量の水で溶いてペースト状にしたものをハブラシにつけて磨きます。驚くほどピカピカになります。金属類がピカピカだと、お風呂に入っているのが気持ちよくなります。

水道水に含まれるカルシウムが固まり、ウロコのような汚れがついてしまった鏡は、柔らかいスポンジにクエン酸を振りかけ、やさしくこするときれいになります。

また、鏡が曇って役に立たない場合、一時的に曇りを取るには石けんを塗ると、短時間ですが湯気をはじきます。しっかりと曇らないようにするには、自動車用のガラスコートを使ってみましょう。スッキリと曇らない鏡になります。

洗剤は正しく使う

浴室の掃除に使う洗剤は様々なものがあります。汚れに合わせて洗剤も使い分けますが、絶対に2種類以上の洗剤を混ぜて使ったり、違う種類の洗剤を続けて使うことは辞めましょう。特に、塩素系の洗剤と、酸性の洗剤が混じると、有毒なガスが発生して大変危険です。『まぜるな危険』と表記されている洗剤は、必ず単独で使うようにしましょう。

ݥ󥵡ɥ

Yahoo!ショッピング商品一覧
Webサービス by Yahoo! JAPAN