HOME>>楽しもう>>入浴剤

入浴剤

入浴剤はお風呂に入れる固体、液体、粉末のもので、天然の植物や漢方を使ったもの、温泉成分が入っているもの、無機塩類化合物に分けられます。お風呂に入るとき、入浴剤を入れるのが当たり前になっていて、その種類も数えきれないほどの種類が販売されています。

いつから使っているの?

銭湯などにもある薬湯は、端午の節句に入る菖蒲湯、冬至に入るゆず湯など、昔から習慣として受け継がれてきて、治療を目的としたものが江戸時代にすでに、皮膚病の治療などに使われていました。明治時代に入り、布袋に様々な生薬を入れて、お風呂に入れて使う商品が作られました。やがて、日本各地の温泉の効能である、子宝の湯や中気の湯、美人の湯など、わざわざ温泉まで行かなくても自宅にいながら体感できないものかということから、天然の温泉成分を乾燥させて粉末にしたものが考案され、昭和になると現在でも多く見られる無機塩類入浴剤(粉末の入浴剤)が開発されました。更に、入浴時のリラックス感を引き出すために、色素や香料も加えられるようになりました。

家庭への普及

こうして開発された入浴剤の多くは、銭湯などで使われていました。入浴剤が開発された当時は銭湯が普通で、自宅に風呂がある家庭は少なかったという事情からです。 やがて日本でもマイホームや公団住宅の建設が相次ぎ、自宅に内風呂を持つ家庭も増え始めました。お風呂が1日の疲れを癒す時間となり、健康志向やリラックスする空間としてお風呂が位置づけられ、酵素の入った入浴剤や炭酸ガスの入った入浴剤などが販売され、スキンケア効果を謳ったものもあり、入浴剤の市場は急速に拡大していきます。

主な成分

入浴剤には様々な成分が配合されていて、それぞれに目的があります。どんなものなのか、簡単に紹介しましょう。

成分

目的

成分

目的

無機塩類

温熱効果・正常効果アップ。
湯を柔らかくする。

有機酸類

重曹などの炭酸塩と組み合わせ、お湯のphを調整して炭酸ガスを出す。

生薬類

温熱効果アップ。

保湿剤

肌をしっとりさせる。

酵素類

皮膚の清浄。

着色剤

お湯に色をつける。

主な形

入浴剤の種類で、大まかな形が決まってきます。その剤型を見るだけで、どんな入浴剤なのかが大体分かります。

種類

種類

無機塩類系

粉末・顆粒

酵素系

粉末・顆粒

炭酸ガス系

錠剤・粒状

清涼系

粉末・錠剤

薬用植物系

粉末・顆粒・液体・刻み

スキンケア系

液体・粉末

冷え対策に

女性では冷え性に悩んでいる人も多いでしょう。また、職場で1日中冷房に当たっていて、夏でも冷え性に頭を抱える人もいますね。お風呂に入るときの入浴剤で、冷え性を改善していきましょう。夏はシャワーばかりだという人も、ぬるめのお湯で半身浴ならいいのではないでしょうか。

無機塩類系

入浴剤に配合されている塩類が、皮膚表面にあるたんぱく質と一緒になることで膜を形成します。膜ができることにより、体から熱が逃げないようになり、入浴後も湯冷めしにくくなり、保温効果も高くなります。

炭酸ガス系

お湯につけるとシュワシュワと泡を出して溶け出すガス系の入浴剤は、お湯に溶け出した炭酸ガスを皮膚呼吸で取り込み、血管の筋肉に直接働きかけて血管を広げます。皮膚の血流が増えるため、冷え性だけではなく、肩こりや腰痛、神経痛、倦怠感、疲れなどに効果があるのです。

薬用植物系

薬湯に入ったことのある人ならお分かりでしょうが、生薬を入浴剤として使うと独特な香りがします。長い歴史の中で生薬は評価されてきました。血行促進や湯冷め防止の効果があります。

ゲルマニウム

ゲルマニウムは、遠赤外線効果やマイナスイオン効果があるということで、ネックレスやブレスレットでも人気がありますが、入浴剤としてもとても人気があります。

ゲルマニウムの入浴剤を使うと、温泉と同じような発汗作用があります。ゲルマニウムの入浴剤でお風呂に入ると、20分間の入浴でウォーキングやエアロビクスのような有酸素運動を2時間したのと同じ効果があると言われています。

スポンサードリンク