HOME>>風呂の種類>>温泉

温泉

老若男女を問わず、温泉好きな人はいるものです。20代後半の女性の知人ですが、内風呂がありながら週末ごとに温泉を巡るほどの温泉好きで、挙句の果てには出勤前に温泉に行き、真っ赤な顔をして出勤してきていました。完全なる温泉マニアでした。

温泉って?

日本には、3,000ヶ所以上の温泉地があります。日本には温泉法というものがあり、『地中から湧出する温水、鉱水及び水蒸気その他のガス(炭化水素を主成分とする天然ガスを除く)で、別表に掲げる温度、または物質を有するもの』と、定められています。 このことから、地中から湧き出す時の温度が25度以上あれば、無条件でそれは温泉ということになるのです。仮に、温度が25度に満たなくても、下に上げる19種類のうちのいずれかが含まれていれば、それは温泉ということになります。

物質名

含有量(1kg中)

物質名

含有量(1kg中)

溶存物質
(ガス性ではないもの)

総量1,000mg以上

遊離炭酸(CO2)

250mg以上

リチウムイオン
(Li+)

1mg以上

ストロンチウムイオン
(Sr++)

10mg以上

バリウムイオン
(Ba++)

5mg以上

フェロ・フェリイオン
(Fe++、Fe+++)

10mg以上

第一マンガンイオン
(Mn++)

10mg以上

水素イオン
(H+)

1mg以上

臭素イオン
(Br’)

5mg以上

沃素イオン
(I’)

1mg以上

ふっ素イオン
(F’)

2mg以上

ヒドロひ酸イオン
(HAsO4’’)

1.3mg以上

メタ亜ひ酸
(HAsO2)

1mg以上

重炭酸ソーダ
(NaHCO3)

340mg以上

総硫黄(S)

1mg以上

メタほう酸
(HBO2)

5mg以上

メタけい酸
(H2SiO3)

50mg以上

ラジウム塩(Ra)

1億分の1mg以上

ラドン(Rn)

20以上

温泉の泉質

温泉はどれも同じではなく、色や臭気にも違いがありますし、味や肌触りにも違いがあります。この違いを左右するものが、温泉の泉質です。

泉質

詳細

代表的な温泉

単純温泉

1kg中に、含有成分が1,000mg以下のもの。温度が25度以上で、ph8.5以上をアルカリ性単純温泉と呼ぶ。肌触りが柔らかく癖がない。

岐阜県・下呂温泉
長野県・鹿教湯温泉

二酸化炭素泉

1kg中に遊離炭酸を1,000mg以上含む。お湯に浸かると体に炭酸の泡がつく。飲むと炭酸の喉越し。比較的少ない泉質。

大分県・長湯温泉
山形県・肘折温泉郷・黄金温泉

炭酸水素塩泉

1kg中の含有成分が1,000mg以上。炭酸水素イオンが陰イオンの主成分。陽イオンの主成分で、ナトリウム炭酸水素塩泉、カルシウム炭酸水素塩泉、マグネシウム炭酸水素塩泉に分かれます。

和歌山県・川湯温泉
長野県・小谷温泉

塩化物泉

1kg中の含有成分が1,000mg以上。塩素イオンが陰イオンの主成分。陽イオンの主成分で、ナトリウム塩化物泉、カルシウム塩化物泉、マグネシウム塩化物泉に分かれます。日本では多く見られる泉質で、舐めると塩辛く、濃度が濃い場合は苦く感じる。

静岡県・熱海温泉
石川県・片山津温泉

硫酸塩泉

1kg中の含有成分は1,000mg以上。硫酸イオンが陰イオンの主成分。陽イオンの主線分で、ナトリウム硫酸塩泉、カルシウム硫酸塩泉、マグネシウム硫酸塩泉に分かれます。

群馬県・法師温泉
静岡県・天城湯ヶ島温泉

含鉄泉

1kg中に総鉄イオンが20mg以上。陰イオンにより、炭酸水素塩型と硫酸塩型に分かれる。空気に触れると、徐々に鉄分が酸化して湯の色が赤褐色になる。

兵庫県・有馬温泉

含アルミニウム泉

1kg中に含有成分が1,000mg以上。主成分が、陰イオンは硫酸イオン、陽イオンはアルミニウムを主成分とするもの。

群馬県・万座温泉

硫黄泉

1kg中に総硫黄2mg以上。比較的多い泉質で、単純硫黄型と硫化水素型に分類される。卵の腐敗臭がある。

栃木県・日光湯元温泉
神奈川県・箱根温泉郷・小桶谷温泉

酸性泉

多量の水素イオンが温潜水に含まれるもの。多くは遊離の硫酸、塩酸の形で含まれる。強い酸性。

秋田県・玉川温泉
群馬県・草津温泉

放射能泉

1kg中にラドンが30(百億分の1キュリー単位)以上。微量の放射能が人体に良い影響を出す。

鳥取県・三朝温泉
山梨県・増富温泉

以上が代表的な泉質ですが、一つの温泉地でも複数の泉質を持つ場所があります。北海道の登別温泉や、大分県の別府温泉郷がそれにあたります。

スポンサードリンク