HOME>>奥が深い!>>行水

行水

今ではほとんどする人がいなくなった行水ですが、意味くらいは誰でも知っているでしょう。桶やタライにお湯や水を入れ、それを浴びて体を洗う入浴の1つの形態です。内風呂が普及していなかった昔では、よく見られた風景です。

元々は浄化行為

近年で言う行水の意味は、体の汗やホコリを流す、簡単な入浴のようなものを指しますが、その昔は意味合いが違いました。お風呂が元々体を清める宗教的な儀式であったように、行水の発祥もまた、宗教的な別の意味を持っていました。

穢れを払うために水浴することを禊(みそぎ)と言いますが、行を行う前に、精神的な浄化行為として行われていました。これが、祭事を行う前に沐浴して心身を清めることとなり、平安時代には行水と呼ばれるようになりました。心身を清めると言う意味で、滝行もその中の1つになります。

宗教的な意味を持たない沐浴もこれと平行して行われていて、江戸時代に入り、湯屋が流行すると、湯屋に行かない、行けないときには一般家庭でもタライにお湯や水を入れて沐浴することが普及しだします。

近年の行水

現在のように、家庭用給湯器やボイラーが普及する前は、体を清潔にするために行水を行うことがよく見られました。塀や垣根に囲まれた庭に、木で出来たタライや、アルマイトやトタンでできた金ダライなどを使い、体を清潔に保っていました。大きなタライに水を入れ、鍋やヤカンでお湯を沸かし、タライにお湯を注いで温度を調節して使っていました。

内風呂があっても、暑い時期には風呂を沸かさずに、風呂場にタライを置いて行水を行いました。

子供などは外で行水することが多かったため、涼をとる目的でも行われ、夏の季語にもなっています。子供の水遊びがてら汗を流し、一石二鳥だったようです。

姿を消したタライ

家電が普及する前は、タライは行水をするだけではなく、洗濯するのにも使われていた時代がありました。やがて家電が普及しだし、洗濯機の登場で、洗濯板とタライを使っての洗濯風景は徐々に姿を消していきます。

行水も、生活が豊かになると共に、給湯器などでお湯を得られやすくなり、また、内風呂にシャワーのついた家庭も増え、かつて金物屋の店先でその存在感を表していた巨大なタライも姿を消してしまいました。

どこの家庭にもあったタライ

内風呂が普及する前は、行水をするためにどこの家庭にもタライがありました。もちろん大小の差はありますが、タライは、戦後しばらくは様々な用途で使われていて、嫁入り道具の1つでもありました。

桶の技術を使って作られていて、木製のタライは保温性もあったので、赤ちゃんが産まれたときの産湯にも使われていました。その他洗濯や冷たい井戸水を入れてスイカを冷やしたりしました。もっと時代を遡ると、旅籠で、旅からやってきた客の足を洗うために入り口に置かれていました。変わった使い方で、新潟県の佐渡島などで、たらい舟として使われていて、サザエやアワビ、ワカメなどの海産物を採るために使われたり、観光用としても利用されています。

現在でも、食べ物の分野ではタライが使われていて、酢飯を作るとき、シャリに合わせ酢を混ぜたり、ちらし寿司を作る時に使われていますし、徳島県ではゆで汁ごと大きなタライにうどんをあけ、たくさんの人数で囲んで食べる郷土料理もあります。

昔は行水ばかり?

江戸時代、銭湯が大繁盛するくらいの風呂好きな日本人が、内風呂を持たずに銭湯通いをしていたのはどうしてだったのでしょうか。

その時代、江戸では頻繁に大火事が起きていて、風呂を沸かすには火をたきますので、防火のために、内風呂を持つことは禁止されていたのです。上級階級の屋敷では内風呂を持つ屋敷もありましたが、大概は銭湯に通い、自宅では手軽に入れる行水をしていたのです。銭湯や行水が普及したのには、こんな裏話があったからなのです。

スポンサードリンク