HOME

風呂

日本人はお風呂が大好き!湯船に浸かるとき、思わず『あ゛〜』という声が出てしまいます。忙しい日常の中で、シャワーだけで済ませてしまう人も多いですが、それでも温泉なんかは大好きですよね。入浴すると体が疲れるという人もいますが、それはお風呂の入り方が間違っているからです。ちゃんと入ると疲れもとれ、心身ともにリフレッシュできます。今日からあなたもシャワー派からお風呂派になりませんか?

奥が深い!

毎日、ただ義務のようにおふろに入っていませんか?せっかく入るのですから楽しまなくては損です。入ることによって、体にたまった疲れを取るだけではなく、様々な効果があるのです。いつからお風呂に入る習慣ができたのか、おふろの変わりに入っていた行水のことと共に、おふろに入ることでの効用なども紹介します。


風呂の種類

あなたの家の内風呂は、どんなお風呂ですか?現在ではほとんどユニットバスかもしれませんね。色んな種類のものがありますので、それぞれどんなものなのか、紹介していきましょう。



楽しもう

せっかく入浴するのですから、楽しんで入浴しませんか?入浴剤を例に挙げても、お湯の色が乳白色のもの、薄くグリーンやピンク、オレンジの色になるもの、ゼリー状になるものなど、数え切れないほどの種類がありますね。入浴剤は自分でも簡単に作ることもできますので、チャレンジしてみませんか?子供と一緒に作ると、おふろ嫌いな子でも喜んで入るようになるかもしれません。


きれになろう

半身浴で新陳代謝をアップさせたり、湯船の中でエクササイズしたり、シャワーを使ってツボを刺激したりと、入浴時に自分磨きをしてみませんか?体を洗うだけがバスタイムではないのです。


きれいに無駄なく!

湯船の中のお湯の量。どれくらいだか考えたことがありますか?平均的な浴槽の大きさで、1トンのお湯が入ります。これだけの量のお湯を捨ててしまうのは勿体ないですね。

お湯を抜いた後はきれいに掃除しなければいけませんが、こまめに掃除していれば、大掛かりな掃除をしなくても済みます。


きれいに無駄なく!

おふろにまつわる雑学や豆知識、面白い話などは数多くあります。ちょっとだけ紹介しましょう。筆者のおふろにまつわる思い出も暴露しちゃいます。


スポンサードリンク



【おすすめサイト】